売却仲介プラン

売却仲介プラン

売却仲介プラン

不動産買取センター郡山が、あなたに代わって物件の販売活動を行い購入者を探します。物件案内、商談、交渉、各種手続きなど売却全般にわたってサポートします。

売却仲介プランの特徴とメリット

ご希望に合わせた販売方法で購入希望者を探し、じっくり納得のいく金額で売却することが可能なプランです。
査定価格や市場状況を参考に、あなたのご希望の価格で売り出しができます。住み替えの場合は、住み続けながら売却活動を行えることもメリットです。人気地域の土地付き一戸建てや、即完売したマンションなどの希少物件は、希望金額以上で売却できることもあります。
仲介プランは、「とにかく高く売りたい」「売却期限に余裕がある」方にとって最適なプランになります。

売却仲介プランはこんな方におすすめです

  • 時間がかかってもなるべく高く売りたい。
  • 人気がある物件のため確実な販売が見込める。
  • 実家に引っ越すまで、住み続けながら納得のいく価格で売却したい。
  • ライフスタイルが変わったので住み替えを検討している。
  • 大切にしてきた自宅を納得の条件で売りたい。

売却仲介プランの注意点

  • 売却までに長い期間がかかる事があります。
  • 内覧希望者への対応など協力をお願いすることがあります。
  • 売却後も物件の欠陥に対する責任を負うことがあります。
  • 仲介手数料がかかります。

売却仲介プランでの売却の流れ

「売却仲介プラン」で売却を行う場合の流れをご説明します。

STEP.01お問い合わせ

まずはお気軽にご連絡ください。不動産買取センター郡山では、不動産売却に関する無料相談・無料査定を行っています。売却の相談・査定のお申し込みは、当ホームページのお問い合わせフォーム、お電話、FAX、メールをご利用ください。

無料相談・お問い合わせフォームへ

STEP.02売却のご相談

あなたの不動産売却に関する悩みをお聞かせください。ご事情やご要望に合わせて最適な解決方法をご提案いたします。些細なことでも納得いくまでご相談ください。
売るだけでなく貸すという選択や、専門家による交渉や手続きで問題が解決する場合もあります。
法務・税務に関わる複雑な問題も、提携の弁護士、司法書士、税理士と一緒になって解決いたしますのでご安心ください。
ご希望により女性スタッフが担当させていただくこともできます。離婚問題や相続問題で女性が不利にならないようにアドバイスし、女性ならではの視点でサポートします。
もちろんプライバシーの保護には最大限に注意していますので、安心してご相談ください。

ワンポイントアドバイス

不動産買取センター郡山以外でも、不動産売却の相談を行っている不動産会社はたくさんあります。お時間に余裕がある場合は、複数の不動産会社で話を聞いてみることをおすすめします。有益なアドバイスや、売却に役立つ情報を得られることがあります。また、あなたに合った不動産会社を見つけるためにも複数の不動産会社と話をすることが重要です。不動産会社はどこも同じではありません。不動産の売却が得意な会社もあれば、不得意な会社もあります。売却成功の第一歩は、あなたの最良のパートナーとなる不動産会社を見つけることです。納得いくまで相談して、信頼できる不動産会社を見つけてください。

STEP.03売却物件の査定

不動産物件がいくらで売れるのか調査いたします。建物・土地の状況や近隣環境を確認し、市場調査、売り出し事例、成約事例、建築確認書、権利関係の調査をもとに査定価格を算出いたします。査定結果をもとに、査定価格と査定内容をご報告し、売却のポイントや問題解決までの流れについてご説明いたします。査定は無料ですので、売却を決めていない方もお気軽にお申し込みください。

ワンポイントアドバイス

不動産買取センター郡山以外の複数の不動産会社にも査定を依頼してみてください。査定価格の根拠や査定内容を詳しく説明してもらうことで、より正確な市場価格を予想することができます。ここで気を付けたいのは、高い査定価格の不動産会社に仲介を頼めば高く売れるわけではありません。ご自身の不動産物件を高く査定してもらって嫌な気分になる人はいないため、高めの金額を提示して期待させ、専任媒介契約を勧める不動産会社もあります。査定価格はあくまで販売価格を決める目安です。売り出し価格が低すぎては困りますが、高すぎると買い手がつかず、長期間の販売や度重なる値下げで不動産価値を下げることになりかねません。査定価格に惑わされることなく、販売価格の判断基準となる査定内容、査定ポイント、周辺相場、メリット・デメリットなど多くの情報を収集し、信頼できる不動産会社に依頼してください。

STEP.04売却仲介プランのご契約

3つの売却プランから最適な売却方法を選択してください。「売却仲介プラン」をご希望の場合は、販売価格、販売条件、販売方法など、あなたのご希望に沿って最適な販売戦略を計画します。仲介の契約内容を十分に納得していただいたうえで「媒介契約(ばいかいけいやく)」を結びます。媒介契約は3種類あります。それぞれのメリット・デメリットについては「3種類の媒介契約について」をご覧ください。

STEP.05売却物件の販売活動

不動産物件の販売活動が始まります。インターネット上の不動産サイトやホームページへの掲載、新聞折り込みチラシでの広告宣伝など、あなたのご希望に沿った売却活動を行い、購入希望者を探します。

STEP.06購入希望者との交渉

あなたの物件を気に入ってくれた方からの申し込みが入ります。申し込みの際に値引き交渉や条件提示を受けることも珍しくありません。直接交渉によるトラブルや不利な条件での取引きを避けるため、不動産買取センター郡山があなたの代理人となり交渉いたしますのでご安心ください。

STEP.07売買のご契約

購入希望者と価格や引き渡し条件を調整した上で、売主であるあなたと購入希望者との間で不動産売買契約を結びます。この際に買主様からの手付金(契約金)をお受け取りいただきます。

STEP.08お引越し・引き渡し

物件の引き渡し前に引越しを済ませておきます。売却金の残金を受けとり、物件を引き渡します。抵当権の抹消や所有権の移転など、登記申請手続きも必要になります。複雑な手続きも、不動産買取センター郡山がサポートしますのでご安心ください。

STEP.09アフターサポート

ご売却完了後も、確定申告の手続きなど、お気軽にご相談ください。

不動産買取センター郡山では、地域に密着した豊富な経験とノウハウで、あなたの希望に合った売却方法をご提案し、売却相談から売却後のアフターフォローまでしっかりサポートします。あなたも一人で悩まないで、今すぐ私たちプロに相談してください。
不動産売却のご相談は当ホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。

無料相談・お問い合わせフォームへ

3種類の媒介契約について

あなたが不動産売却の仲介を不動産業者に依頼する場合は、不動産会社との間で媒介契約を結ぶ必要があります。媒介契約には「一般媒介」、「専任媒介」、「専属専任媒介」の3種類があります。

  一般媒介 専任媒介 専属専任媒介
契約の有効期間 制限なし 3か月以内 3か月以内
複数の不動産会社への依頼 可能 不可 不可
不動産流通機構レインズへの登録
(不動産会社の義務)
登録義務なし 媒介契約締結後 7日以内 媒介契約締結後 5日以内
販売状況の報告
(不動産会社の義務)
報告義務なし 2週間に1回以上 1週間に1回以上
売主自身が発見した買主との直接契約 直接契約可能 直接契約可能 直接契約不可

売主であるあなたにとって「専属専任媒介」を選ぶメリットは少ないため、通常は「一般媒介」または「専任媒介」を結びます。
「一般媒介」と「専任媒介」では、売主であるあなたが見つけてきた購入者と、契約中の不動産業者を介さずに売買契約を結ぶことができます。例えば、売却期間中に、ご家族、ご親戚や、お知り合いの方から購入者を紹介された場合などがこのケースにあたります。この場合は、契約先の不動産会社に仲介料を支払う必要はありませんが、不動産会社によってはそれまでにかかった営業経費がかかることや、契約手続きだけを依頼する場合は手数料が別途かかります。媒介契約の際に契約内容をしっかり確認しておいてください。
それでは、この2つの媒介契約の一般的に言われるメリット・デメリットについて比較してみます。

「一般媒介」「専任媒介契約」のメリット・デメリット

一般媒介契約

メリット
  • 複数の不動産業者に依頼できるので、より広く販売活動を行うことができる。
  • 人気物件の場合は不動産業者間で競争心理が働き、積極的な販売活動が行われる。
デメリット
  • 不動産業者に販売活動の報告義務がないため、販売活動が行われているか不安に感じることがある。
  • 複数の不動産会社に依頼すると、それぞれとのやりとりがわずらわしい。
  • それぞれの不動産業者は積極的に販売活動を行わない傾向がある。

専任媒介契約

メリット
  • 一社にまかせるためやりとりがわずらわしくない。
  • 契約した不動産会社が積極的な販売活動を行う傾向がある。
デメリット
  • 契約した不動産会社によっては売れないまたは不利になることがある。

では、あなたにとってどちらの媒介契約がよいのでしょうか?

より良い条件で売却したいあなたは「専任媒介契約」

インターネットが普及した現代では、一般媒介があまりメリットのないものになってきました。
以前は一般媒介の最大のメリットであった、「窓口を増やしてより多くの購入希望者にアプローチができる」という利点が、現代ではあまり当てはまりません。
システムやインターネットが普及していなかった時代には、不動産会社の独自のネットワークと、紙媒体の広告戦略が販売活動の中心でした。また、このような販売活動は非常に手間と費用がかかるため、単独の不動産会社が自社の物件情報を市場のすみずみにまで届けることには限界がありました。このような時代には複数の不動産会社に売却を依頼することに十分なメリットがありました。
しかし、インターネット時代の現代では、不動産情報ネットワーク「レインズ」に物件情報が登録されれば、どの不動産会社でも即座に売却物件の情報を知ることができます。このネットワークにより、物件を探している人がどこの不動産会社に訪問しても、あなたの物件が購入対象の一つとして紹介されます。また、レインズ以外にも、インターネット上の不動産紹介サイトやホームページなどに物件情報が掲載されますので、不動産の購入をお考えの方が自宅のパソコンから直接あなたの物件情報を探すことができます。
売主のあなたから見れば、一般媒介であっても、専任媒介であっても、基本的にはどちらも同じように幅広く購入希望者にアプローチできるのです。
不動産会社にとってみれば、専任媒介契約は「あなただけにお任せします」と言われることです。このため、売主であるあなたのために販売戦略をしっかり計画し、広告掲載やオープンハウスの開催など積極的に売却活動を行うことができます。反対に、複数の不動産業者と一般媒介を結んでいる場合、不動産会社にとってそこまでの販売活動を行うのは難しいのが現状ではないでしょうか。
希少価値のある人気の物件であれば、それほど多くの営業経費をかけないで購入希望者を見つけることができるため、「一般媒介」であっても不動案会社は積極的に購入希望者を探してくれます。このような物件であれば、複数の不動産会社と一般媒介契約を結んで条件の良い購入希望者を見つけてくれた仲介業者にお任せするのもよいでしょう。
しかし、一般的な物件であれば、信頼できる不動産会社を探して「専任媒介契約」をすることをおすすめします。現在の不動産市場では、インターネットでの販売戦略とその他の販売戦略を組み合わせて、広くたくさんの購入希望者にアプローチし、短期間に有利な条件で売却することが大切になっています。このような戦略を立てることができる不動産会社を見つけることができれば、専任媒介契約を結んで売却の成功を目指すのがよいでしょう。

プライバシーを最重視するあなたは「一般媒介契約」

プライバシーを気にするあなたにとっては、「一般媒介契約」が選択の候補になります。
不動産の売却をなるべく他人には知られたくない場合は、新聞折込チラシなどの紙媒体の広告に掲載しないことはもちろん、「レインズ」への登録もしないことがあります。レインズに登録すると、すべての不動産業者に物件の売却情報が流れてしまいます。また売却成約時には売却情報を登録する必要があるため、いついくらで売れたという情報も知られてしまいます。このような理由からレインズに登録しないで不動産会社の独自のルートだけで販売活動を行うのです。
レインズに登録したくない場合は、「一般媒介契約」にする必要があります。「専任媒介契約」はレインズへの登録が義務付けられているためです。

売却仲介プランに関するQ&A

仲介で販売する場合に査定価格よりも高い値段で売り出しできますか?
あなたのご希望の価格で売り出しできます。市場価格より高い値段で売れる場合もあるため、必ずしも査定価格で売り出す必要はありません。しかし、あまりにも高い値段で売り出したために、売却のタイミングを逃したり、売れないために逆に価値を下げてしまうこともあります。査定価格とご希望の価格に差がある場合は、しっかりと相談し、納得した上で売り出す価格を決めてください。
仲介での販売方法を教えてください。
不動産買取センター郡山の販売方法は以下の通りです。

  • 地域不動産サイトへの掲載
    地域No.1の不動産検索ポータルサイト「マンモスネットワーク」
  • 全国不動産サイトへの掲載
    国内最大級の不動産売買専門サイト「at home 不動産売買」(アットホーム)
  • 新聞折り込みチラシへの掲載
  • 住宅情報紙への掲載
  • オープンハウス、オープンルームの開催
  • 周辺地域へのチラシのポスティング
  • 不動産会社間のネットワーク「指定流通機構レインズ」への登録
  • エイブル加盟店リブシティのホームページ掲載
  • 当社提携企業および不動産会社への紹介
  • 地域ネットワークを利用した紹介
  • 来店者へのご紹介
  • 過去にお問い合わせいただいた購入希望者へのご紹介

これらの販売方法を組み合わせて、購入希望者に広く確実にアプローチします。あなたのご希望に沿う販売計画を作成しますのでお気軽にご相談ください。

仲介で販売する場合に広告費用を負担する必要がありますか?
広告費用を負担する必要はありません。ただし、ご要望により特別な広告や販売活動を行う場合には実費をご負担いただくことがあります。このような場合は、あらかじめ十分にご説明させて頂きますので、ご安心ください。
仲介で売却した場合、お金はいつもらえますか?
通常の仲介取引では、売買契約時に手付金を受取り、物件の引き渡し時に残りの代金を受け取ります。手付金の額は買主様と交渉することになりますが、一般的には物件の売却代金の5%から20%になります。
売買契約から引き渡しまでどのくらいの時間がかかりますか?
引き渡しの日程は、あなたの都合や、買主様の都合に合わせて調整します。一般的には不動産売買契約後、数週間~3か月になります。
仲介手数料はいくらかかりますか?
物件価格の3%+6万円+消費税になります。1000万円の売買契約であれば36万円(税抜き)です。
仲介料はいつ払うのでしょうか?
売買契約時と物件引き渡し時の2回に別けてお支払いいただきます。ただし、売買契約時に手付金なしとする場合や、その他の特別な理由がある場合は、物件引き渡し時に一括でお支払いいただくことも可能です。お気軽にご相談ください。
仲介で売れなかった場合もお金がかかりますか?
売れなかった場合に、仲介料やその他の手数料がかかることは一切ありません。

WEBからの相談・査定申し込みの方、売買成約時に100,000キャッシュバック

サイト内リンク一覧
Top