不動産売却のアドバイス

近隣の環境や住宅価格には敏感に

売却仲介

不動産の価格は、常に変動しています。住宅情報誌、折込チラシ、インターネットで近くの不動産情報をチェックしていると、自然に不動産の価格相場がわかるようになってきます。
近隣の環境変化でも物件価格が変動します。近隣に高級住宅や高級マンションが建設されると、割安感から物件が予想以上に高く売れることがあります。反対に、近くで建売住宅やマンションが安く売り出されると、割高感から同じ価格では売れなくなることがあります。売却を考えている方は常に市場に敏感になって、タイミングを逃さないようにしましょう。

可能な範囲で不動産売却の理由を説明しましょう

不動産売却の理由は人それぞれです。
売却の理由を説明することにより適切なアドバイスをもらえることがあります。
「マイナス面はなるべく言いたくない・・・」
気持ちは分かりますが、正直にご相談されることをおすすめします。マイナス面を隠して販売し、売買契約後や物件引き渡し後に発覚して、契約不成立になったり損害賠償請求されるケースもめずらしくありません。
いわゆる「ワケアリ物件」のトラブルは中古住宅のつきものであり、売主にとっても買主にとっても精神的に大きな苦痛を伴います。このような事態を回避するために、正直に相談したうえで適切な措置を行い、売主・買主の合意のもとで売買契約することが大切です。

不動産買取センター郡山では、マイナス面を解消しプラスに変える努力をします。例えば、隣人と境界でもめている場合、私たちプロが事前に隣人との協議を行い、事後に想定されるトラブルを防ぎます。借金問題や離婚問題などで自宅を手放すべきか悩みを抱えている場合、早く売るという選択が必要な場合や、売らないで貸すという選択により、悩みが解決するケースもあります。
まずは悩まないで私たちプロに相談してください。あなたの悩みを解消し、気持ち良く売却が成功するようにお手伝いします。

査定価格に惑わされない

不動産の売却をお考えのあなたは、できるだけたくさんの不動産会社で査定してください。
このとき買取査定であれば、査定価格がそのまま売却価格になりますが、仲介による売却査定では、査定価格で売れる保証はありません。不動産業者によっては、意図的に高い査定価格を提示して専任媒介契約を結び、結局査定価格のままでは売れないために値段を引き下げて売却にいたるケースがあります。
複数の不動産会社に査定を依頼し適切な売出価格を見極めたうえで、信頼できる不動産屋に売却を依頼することが大切です。

引き渡し条件を確認しましょう

物件をどのような状態で引き渡すかによって、想定外の費用がかかることがあります。
照明やエアコンなどを設置したままの状態で引き渡した場合に、処分費用を請求されることもあります。
あなたが良かれと思うことであっても、相手にとっては迷惑なケースがあります。事前によく話し合い、引き渡し条件にすべて記載しておくことで、後々のトラブルを避けることができます。

WEBからの相談・査定申し込みの方、売買成約時に100,000キャッシュバック

サイト内リンク一覧
Top